Menu

就職活動における求人の穴場

熾烈な競争を極める就職活動ですが、実はコツと秘訣を知ることで、難なく内定をゲットすることができます。経済環境が不安定なせいか毎年競争が厳しい就職活動ですが、実は中小企業やベンチャー企業に面接を申し込むと意外にもあっさり内定をもらえる事があります。その理由は、人気のある求人と人気のない求人との間に大きな差があるからです。インターネットでの就職活動が当たり前になった昨今、学生のほとんどが大手の企業や外資系の求人に殺到しやすくなる一方で、中小企業やベンチャーの求人にはあまり人が集まらないとった、知名度による格差が生まれつつあります。このような状況だからこそ、就職活動では積極的に中小企業やベンチャー企業を狙って内定獲得を目指すべきです。中小企業やベンチャー企業だからといって、仕事の質や内容が大手の企業と異なるわけではありません。

基本的にどこの企業に内定、働くようになったとしても、新卒の学生がやる仕事はそれほど変わりません。むしろ中小企業やベンチャー企業の方が難しい仕事ややり甲斐のある仕事を任される傾向が高いので、大手の企業で働くよりも短い期間で成長することができます。若い時に多くの経験を得て、職業スキルを磨くことは一生の財産になります。誰よりも早く経験値を積んでキャリアを伸ばすことで、二十代で大抜擢されることもあります。特にベンチャー企業などではその傾向は顕著にあらわれます。忙しいベンチャー企業で一生懸命働くことで、将来的にはその企業の幹部や役員といった、大きなポジションを得られやすくなります。企業が拡大するとそこで働く従業員の待遇も良くなります。そのためには一人一人が一致団結する必要があります。組織拡大のために貢献する。その努力は必ずや、周囲にいる人の目にうつります。誰かに評価されることで評判も上がり、昇進や昇給への近道になるのです。この昇進へのプロセスが、中小やベンチャーの方が早く確実なのです。大企業に就職するとライバルとなる社員が多くいますが、中小やベンチャーは違います。従業員が少ないのでライバルが少なく、一人の努力が大きな成果へとつながります。

その努力が会社をさらに大きく成長させることにつながったら、その評判は磐石なものへとなります。就職活動で大事なことは、先見性です。周囲に流されることなく自分自身の軸を持つことで、より良い求人と出会うことができます。周囲の学生が選ぶからといって、自分も大手を選ぶ必要はありません。本当にやりたい仕事を選び、会社の規模に関係なく求人に応募してみることをおすすめします。本当にやりたい仕事を学ぶことで、誰よりも恵まれたキャリアを形成することができます。