Menu

減車で1台当たりの売上が増えだした東京のタクシー

今から10年余り前に道路交通法改正に基づいてタクシー業界に規制緩和の波が押し寄せた時、人口の多い東京などの大都市中心にこの業界への参入企業が急増したため、個人で始める人が増えたほかに会社が保有台数を増やしたのです。当時は、他産業でも規制緩和による企業業績の悪化が顕在化したため、従業員のリストラが行われた結果、再就職先にタクシー会社を選ぶ人が増えたいきさつがあったのです。しかしながら、東京といえども乗客数がそれに追い付かない時代が続いてきたのです。従って、1台当たりの売上減少を改善しようとして3年ほど前に法律改正による減車対策が図られたのです。東京地区では台数が20%程度減車された効果が出て、1台当たりの売上高が上昇傾向を示すほどになりました。ただ、全国的には依然として運転手が売り上げだけの生活では苦しいため、高齢の運転手が年金支給を受けながら働いているようなのです。タクシー業界としては、再度減車しようと考えているらしいのですが、乗客へのサービス精神を見失わないよう希望したいです。

妊婦さんも利用できる東京の子育てタクシー

最近、子育てタクシーが話題になっていますが、東京にもたくさんあります。妊婦さんの通院や陣痛の時に送迎していますが、子供だけで利用することもできます。タクシーにはちゃんとチャイルドシートが装着されているので安心して依頼できます。大きなお腹を抱えて満員電車やバスで移動するのは大変で危険もあります。重い荷物を持って帰る時にも利用できますが、タクシー会社によっては、子供のみの利用や妊婦さんの場合は、会員登録する必要があります。会員登録しておくと万が一の時にもスピーディに対応してくれます。陣痛の時に家族の方が付き添っていたら安心できますが、仕事もありますから、ずっと一緒にいることはできません。一人でいる時に陣痛がきた場合は、電話をして住所などを知らせる必要がありますが、事前に会員登録するとこのような手間も省けます。

女性ドライバーを募集している東京のタクシー会社

最近は、女性ドライバーを募集しているタクシー会社が増えています。東京の会社にも、女性ドライバー歓迎の会社が数多くあります。この仕事は、日曜、祝日は休めないイメージもありますが、日曜日に休める会社もあります。日曜日が定休日の会社は珍しいと思いますが、東京にもこのような会社があります。日曜日に休めると家族で過ごせ、趣味を楽しむこともできます。以前のタクシードライバーは勤務が激務で長時間、働くイメージもありましたが、今は、ゆとりのある勤務を取り入れている会社が増えています。ちゃんと連休を取ることもできますから、旅行にも行けます。ドライバーのための仮眠室やシャワールームも用意されています。もちろん、女性ドライバーの方は女性専用の部屋を使うことができます。長期で働くならこのような待遇のいい会社を選ぶのがおすすめです。